スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スケート靴は変れるのか? 

 「スケートの靴って、なんで変らないのかな」。

 今でもはっきりと覚えている。あれは、大学3年の
春だった。大手電機メーカーに就職した2期上の先輩
が、会社の研修で研究職の方から、そう聞かれたのだ
という。

 当時のスケート靴といえば、革靴に、刃の付いた金
具を鋲で打ち付けるのが定番だった。当然、まだ速く
なかった私には、何十年も変わってこなかった道具に
疑問などない。

 だから、「なんで」と問われて、とっさに答は出な
かった。けれど、部のなかでスケートを滑ることだけ
は、優位な立場にあったから、何か答えないわけには
いかない。

苦し紛れに答えた。

「立石さん、だって靴じゃないですか。足の形は変ら
ないんだから、スケート靴だって滅多に変るもんじゃ
ない」。

 みごとに後ろ向きだった。先輩やその会社の上司の
「問い」の意味を、まるで解っていない。ただ、そう
答えて、どうも筋が通らない気がした。そんな答では
自分すら説得できない。後味の悪さが残って、いつか
らともなく、その「問い」に対する、本当の答を探す
ようになった。

「もっと理に適った道具はないか」。

 それから5年ほどたった1995年、アメリカの選手が、
カーボン製の靴を履く姿をみつけた。さらに1年して、
オランダの長距離選手が、踵の離れるスケートで滑る
姿を見た。「先を越されたかもしれない」と天を仰ぎ
つつも、頭を下げ、感触を尋ねた。カーボン製の靴は
ニューヨークへ、スラップスケートはアムステルダム
へ。どちらの時も、その足で買いに飛んだ。

 あの問いかけのおかげで、道具が変る前に何年も考
えられた。だから道具が変っても、一つも困ることは
なかった。

2006年12月8日 苫小牧民報掲載 一部改

スポンサーサイト
[ 2006/12/11 16:32 ] スケート覚書 | TB(0) | CM(0)

この位置関係に注目! 

2005081802.jpg


さすがイチロー(^.^)

ほぼどんな状態のときでも崩れないナチュラルな動き。

野生を感じます(*v.v)。

この関節の位置関係が崩れると重心の上下動につながります。例えば野球なら狙ったボールのポイントを叩けなくなってしまったり重心が浮くことによって、せっかく生み出したパワーが位置エネルギーの上昇に逃げてしまいます。

人間の体の構造は非常にうまくできていて

踵を挙げる→膝が下がる→腰が前に出る→重心位置は変らない

というサイクルが成り立つようになっています。

ところが浅知恵で膝を伸ばそうとしたり、足首のスナップを利かそうとしたりすると、重心位置が浮き上がってしまい決定的なロスにつながります。

昔から投手が好調の時に、膝にマウンドの土が付くといわれます。発揮した力が上に逃げずにボールへとスムースに移行するのはもちろんですし、本来人間が持つ構造を素直に使うことで、効率よくパワーが出せると調子よく感じるのです。バッティング然りです。ホームランバッターの多くに、スィング後に後ろ膝を付く姿勢が見られます。少しパワーが余っている選手の場合は、膝が伸び上がり気味でもボールはスタンドまで運ばれることが多々あります。しかし、ドーピング沙汰になってしまったものの、数多くのアーチを繰り出したマクガイヤ選手やソーサ選手が、ホームランを量産したときには、イチロー選手の蹴り足に近い状態でスイングを終了しています。

イチロー選手のすごいところは、振り子と称されるスィングにおいて、常に0から100までの体重移動が完了していることです。いかなる体勢に追い込まれても重心の軌道や、関節の位置関係に乱れが生じないのです。もちろん、イチロー選手の内的世界では、乱れや完成度の低さを知覚することもあるでしょう。しかし、ベースの部分において動きの信念が曲げられることはないと思います。

理にかなった野生の動きがあるからこそ、乱れは生じない。頭で考えても、自然の摂理からズレてしまえばマイナスの効果しかありえない。この部分をコントロールすることが、上達への近道なのです。
[ 2005/08/18 15:48 ] スケート覚書 | TB(0) | CM(0)

1度だけの入院生活... 

ひょんなことから入院したことを思い出した。

先日別件でTBをいただいた方のブログをみていると

ねじまき鳥クロニクル↓
2005081701.jpg

について書いてあった。

一度きりの入院中に読んだ1冊だったので、

病室の風景が懐かしく思いうかぶ( ´ー`)
[ 2005/08/17 18:57 ] スケート覚書 | TB(0) | CM(0)

スピードスケートのブーツ 

を選ぶには....

どのような点に留意したらいいのでしょう?

ブーツ選びは小さいお子さん、成長期のお子さん、成長期を過ぎたスケート選手。それぞれの状況にあった選び方が必要です。一般には、『ぴったりフィットしたもの』が基本ですが、足のサイズは日内変動を含め、その形状は刻々と変化しています。

どの状況に合わせればよいのでしょう?

スピードスケートのブーツの場合は、他の競技のシューズと異なり、ガチガチのビタビタなフィット感が求められます。その根本には、スケート選手が、スケートという高さ75mm以上の道具を介して氷の上に立っているということがあります。力点と作用点の間に存在する100mm近い乖離が、ブーツによる足首回りのサポートを求めてくるのです。

したがって、足首の安定性に不安のある選手やジュニアの場合には、足首をしっかりサポートしているタイプのブーツを選ぶことが肝要です。足首の固定されるブーツは苦手の方もいるでしょう。そういった方は、かかとまわりに緩みのないブーツを選びます。

どのくらい緩みがないかというと、踵を入れるときに、一旦、かかとが押し潰されて最終的にスポッと靴底におさまる位のキツさが必要です。どこも当らず、履き心地のいいブーツはスケート靴としては失格です。100mmの乖離を抑えるだけのテコが利く、しっかりとしたブーツをお選び下さい。

かかとのフィット感と足首回りの安定性を最優先でブーツを選んだら、次は"土踏まず"部分です。日本のスケーターの足の形は、西洋人やスケートをしていない方のものに比べると、アーチが低い傾向があります。アーチのしっかりした足型の選手は、一般にバランス感覚を保つことに優れ、疲労感も少ないといわれます。踵・ぼし球・小し球の三点でしっかりと支えることができれば理想ですが、スケートの場合は事情が異なります。

今ではブーツの構造もしっかりしていて、足型が極端に崩れることも少なくなりましたが以前はここに苦労がありました。100mmの乖離を制御するため、子供の頃からヒモをギューギューに絞めます。足をブーツに固定し、アーチを潰しながら硬い氷の上をドタドタと走ることで、子供のアーチは悲鳴を上げます。早期から入れ込んでスケートをした選手ほど、アーチの崩れが大きいのは言うまでもありません。ですから、とくにスケートを始めてまもないお子さん、靭帯が未成熟のスケーターは、アーチをサポートしたタイプのブーツをお選びになったほうがよろしいかと思います。

ジュニア期の足に、さまざまな負担をかけないことで、自然に良いバランスでスケートを滑ることができます。無理のないバランス状態でトレーニングすることにより、バランス感覚の早期習得が見込まれますし、もちろんアーチの落ち込みや将来的にスピード動作の妨げとなる下腿部の過剰な発達を抑制することができるのです。

アーチ構造のしっかりしたブーツを選ぶことが大切ですが、踏まず部分の筋群の発達や、アーチの落ち込みでこうしたブーツが足に合わないことがあります。この場合は、熱可塑タイプの樹脂を使用したブーツや、足型でアーチ部分を低めに成型したブーツを作りましょう。ブーツを履いたとき、アーチ部分が踵やぼし球より先に当ってはいけません。あくまでアーチ部分は、踏み込んだときに軽くソールにサポートされる程度が理想です。試し履きしたときに、アーチ部分に下から突き上げられるような感触があったら、調整が必要です。オプションのソールで調整する方法もあろうかとは思いますが、ブーツの躯体自体を変形調整することをおすすめします。

スケート靴のソールは、基本的には硬い方が良いとされています。理由は、100mmの乖離と発揮パワーの効率的伝達のためです。寒い環境でトレーニングしているお子さんには、非常に酷なことですが、ソールはなるべく硬いほうがいいのです。保温のために厚めの中敷を入れてらっしゃる方も多いのが現状ですが、保温は外側からのほうがいいと思います。その点、バイキングのインナーは巧くできています。オランダ人は、基本的にスケートを素足で履きますので、ブーツ自体に保温の機能が備わっているのです。

つづきは次回に...
[ 2005/06/23 22:26 ] スケート覚書 | TB(0) | CM(0)

スピードスケートのエッジ 

はとても重要です。

用意するものは、安定して研磨できる研磨台、目詰まりしていない平らな砥石とサイドストーン。砥石は荒砥・中砥・仕上砥の三種類は用意したいところ。ダイヤモンド入りの砥石など高価なものもありますが、目詰まりしていなければ、どの砥石でも"そこそこ"は砥げます。

ダイヤモンド砥石の中には、土台の柔かいタイプがありますので、このタイプは避けたほうがいいでしょう。とくに、仕上げとサイドの砥石選びには、くれぐれも注意したいところです。けしてエッジが食い込まない『硬い』砥石を選ぶ必要があります。

実際のサイド落としの作業にあたっては、エッジ付近の仕上がりの形状についてもイメージが必要です。サイド落しに熱心なあまり、角が鈍角になってしまっているブレードをよく見かけます。鈍角なエッジでは、氷を効率よく解かすことができません。逆に、鋭角に仕上げるくらいのイメージを持って、エッジ部分よりブレード側面上部側により多く砥石が当るようにするとよいでしょう。

どうしても落ちにくい場合には、砥石をブレードに対して斜め30-45度くらいにセットすると、すんなりサイドが落ちるようになります。

よく言われる『縦バリ』についてですが、サイドを落としたときに縦バリが返らないくらい"切れる"砥石をお使いになることをお薦めします。また、荒砥の段階で極端にバリがたまらないように、こまめにバリを落とすことがポイントです。最終的にバリを落とすときには、ブレード全体にうっすらと一様にバリが出た状態にしたいものです。
[ 2005/06/23 17:05 ] スケート覚書 | TB(0) | CM(0)

スピードスケートのロック 

スケートをされている方にはおなじみのロックですが、一般的にスピードスケートのブレードの前後方向に、丸みがついていることはあまり知られていません。丸みといっても、アイスホッケーのブレードやフィギュアスケートのブレードのように、横から見てもはっきり分かるほどには丸くなっていないからです。

どのくらいの丸みが付いているかというと、スピードスケートで半径20-30mくらい。ショートトラックでは10m前後の丸みが一般的です。より半径の小さいカーブを回るショートトラックでは、ブレードのロックも高く(R値が小さく)なっています。

では、ロックの高い(R値が小さい)・低い(R値が大きい)によって、どのような違いがあるのでしょう。ショートでロックが高く、スピードで低い傾向からもお分かりの通り、ロックが高いとより小回りが利くようになります。反面、ブレードの進行方向への直進性を保つことが難しくなり、ストロークに伸びを出し辛くなります。ロックが高いと、ブレードと氷との接点に生じる圧力が大きくなるので、氷に対してより『めり込む』ことになります。氷との間に生じる圧力はさまざまな条件において、それぞれ適正なものでなくてはなりません。言ってみれば、スキーのワックスのような役割を果たします。

そのめり込み具合を左右する条件として、A:スケーター個々の身体特性、B:距離による特性、C:目指しているテクニックの特性、D:使用する道具による特性、そしてE:リンク条件による特性が考えられます。

まずはじめに、スケーターの身体特性によって生ずるロックの特性について考えて見ましょう。ロックに与える身体特性には大まかに次の要素があり、それぞれに対するロックの傾向は下表の通りです。

A:スケーター個々の身体特性によるロック傾向

       重い・強い・大きい  軽い・弱い・小さい
a:体重         ロック低い      ロック高い
b:キック力    ロック低い      ロック高い   
c:足の大きさ      ロック高い      ロック低い 

次は種目による傾向をみてみましょう。

       速い・短い   遅い・長い
a:スピード  ロック低い   ロック高い
b:距離        ロック低い   ロック高い   

では次にテクニック特性による違いを示します

       速い・短い・高い   遅い・長い・低い
a:ピッチ   ロック高い       ロック低い
b:ストローク ロック高い       ロック低い
c:返し       ロック高い       ロック低い
d:操作性      ロック高い       ロック低い
e:爆発力      ロック低い       ロック高い

お次は、道具による違いです

        硬い・高い     柔かい・低い
a:撓り具合      ロック低い     ロック高い
b:ブレード高  ロック低い     ロック低い

最後に示すリンク条件によるロックの違いは最も気を使いたいポイントです。

         硬い・荒い・あり  柔かい・滑らか・なし
a:氷の硬さ        ロック高い      ロック低い
b:氷の表面        ロック高い      ロック低い
c:グリップ感    ロック高い      ロック低い
d:クリスピー感   ロック低い      ロック高い

以上の要素を組み合わせて個々に適したロックを作ります。一般的には、急激に曲率の変化するような曲線はロックとして良しとされません。また、曲率の変化率がプラスからマイナスに変化してしまうような相があると、大きなブレーキの原因となります。

ロックゲージ等の器具を利用して、定期的にロックをチェックすると、質の高いトレーニングができるでしょう。もちろんレース前にロックで慌てることもありません。
[ 2005/06/23 14:18 ] スケート覚書 | TB(0) | CM(0)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。