スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

motivationの高まり方... 

(ToT)ゞ

モチベーションの高まり方です(^ー^)ノ

どっかのサイトで、シュミレーションがやたら叩かれてたんで

どう考えても、モチベーションはねぇ~だろ

って思ったんです_| ̄|○

以下、本題...

今シーズンはトリノ五輪が控えてます。

富士急行の長田監督の賀状によれば...

酉の五輪だそうです(||´ロ`)o=3

でもって、オリンピックを目標として日夜励んでらっしゃるスケーターの皆さんも多いかと思います。

そこで、不肖管理人がmotivationについて語ります(*^^)

スケートをやってた方ならご存知の、

ボニー・ブレアダン・ジャンセン

『藻前、何やってんだ?(゚_。)』って聞くと、

すかさず

"motivational speaker"

だと返ってきます。

日本でもそれなりの戦歴があれば、講演業で身を立てている方もいらっしゃるでしょう。プロ野球解説者の話なんか、面白そうですね。スピードスケートでも、黒岩彰さんや堀井学さんなどへの依頼は多いんじゃないかな。

"motivational speaker"が"motivational speaker"たれる瞬間は、聴衆がリアルにmotivateされたときです。いかに聴衆が"その気になったか"にかかっています。堀井選手は競技者時代、ほうぼうに講演を聴きに行ってました。もっぱら自己啓発のためだったかと思いますが、暇さえあれば車で出かけていた。私も、何度か誘われた気もしますが、乗り気にはなれなかった。

なぜか?

自己啓発の手法を、直接的に訴える類の話に興味がもてなかったから。もっとも、違った形の、例えば、金メダリストの講演会や、野球の試合、NHLの試合、はたまたコンサートのような催しには行ったことはある。どれも面白かったし、顔面が上気するような気分にもなって、そこそこにmotivateされたと思います。

しかし、私が経験上もっともmotivateされた瞬間は、自分自身で手応えを掴んだときなのです。だれに何かを言われたときでもない、自分自身の力で出した結果によって、目標への足がかりを見出した瞬間にmotivateされたのです。

『イケる!』

こう思えた瞬間に、気合が入る。

逆に言ってしまえば、『イケる!』と思える時がこなければmotivateされない。

never...

優秀な"motivational speaker"ならば、

万人をこの

『イケる!』

の下に導くこともできるのでしょう。

だから、けして"motivational speach"自体に意味がないとは言いません。

never...

大いに有効なはずです。

しかし、他力本願ではいけない。

せっかく、皆さんは日夜トレーニングに励んでるんだし。

どこかに自信の原石はあると思うのです。

海外に出て、実際に強豪と対戦したり、国内でも有力な選手と同走したりすれば、某か感じる瞬間があるはずです。海外遠征組みに有利なことがあります。いわゆるビッグネームといわれる選手でも、テレビや新聞で見聞きするほど実際は強くない。マスメディアを通して伝わる"虚像"としか戦えない、国内組みの競技者とは比較にならないほど有利に戦えるようになるのです。一緒に滑ると、相手の力量は手にとるように分かります。打ちのめされる場合も多いでしょうが、若い選手が初めてビッグネームと相対するとき、その瞬間に感じる手応えは多くの場合、すなわち自信に変換されるのです。

大きくmotivateされる瞬間は、経験する舞台の大きさに比例しないともいえません。五輪の前に踏むべき舞台を経験していないスケーターに、motivateにかかるハンディキャップがないとはいえません。だからこそ、全てのトリノを目指すスケーターに望むのことがあります。

質の高いトレーニングの中から、より高く、自己をmotivateしうる瞬間を感じて欲しい。

自信はトレーニングの質とその達成感に比例します。究極の質感から、最高のmotivationを手に入れてください。
スポンサーサイト
[ 2005/06/24 00:13 ] スポーツ観戦の壺 | TB(0) | CM(3)

非常に共感します。
トリノ五輪で日の丸がこれでもかっていうくらいあがるように、貴方の活躍を期待しています。誠に勝手ながら、この記事私のブログでも紹介させていただきます。
[ 2005/06/24 09:15 ] [ 編集 ]

こんにちは。仕事してますかー?
全体的に同意。
後半は今週の『ドラゴン桜(モーニング)』に出ていた超有名進学校にみられる「な~んだ」の論理に似てますね。
僕のサポートしている選手には、「とにかく補欠でも絶不調でもいいから、シーズンに一度は海外の試合に出て自分のポジションを確認しよう」と言っています。
[ 2005/06/24 11:38 ] [ 編集 ]

とまともさん、

どうぞよろしく...

kawaiさん、ども。

モーニングまだ売ってるかな?

仕事??

イテテ...ヾ(´▽`;)ゝ
[ 2005/06/24 14:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eskate.blog4.fc2.com/tb.php/242-a6a2585a







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。