スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

日本スピードスケート陣不振の真相はココだ 

yomiuri on lineより...
 富士急の長田照正監督は「日本人と欧米人では脚全体の筋肉量が違う。日本選手はレース序盤のスピードで対抗した分、最後に脚力がなくなってしまう」と説明した。日本、韓国、中国などのアジア系民族は、欧米人に比べて「筋肉量が2割から3割少ない」という説があるのも事実だ。

 簡単にいえば体力差。かつての日本は、それを技術力でカバーしてきた。一時期、男子五百、千、千五百メートルで世界記録を独占していたのは、技術を研究し尽くしたからだが、その裏付けがスケート機能や道具の進歩で崩壊しかけている。

 34歳の岡崎は「筋肉量のアップは精神力で克服できる」といい、21歳の吉井は「一日一日を大切に鍛えていく」という。しかし、「こうやる」という具体的なアイデアは、彼女たちも持ち得ない...


こんなことを理由にしてるようじゃ糸冬ですねwww

以下を読む前に、トリノ直前くらいからの朝日新聞コラムに目を通していただくとありがたい。

朝日新聞に書いたとおり、ラスト1周でラップが暴落する理由ははっきりしている。上位にくる選手は自分の力量にあったペース配分で滑っているのはもちろん、コーナーで力を使わずに滑るからスピードを楽に維持できる。
それに対し日本選手の多くは、積極的という言葉を隠れ蓑にして自らのペースを信じる勇気をもてない。最初からとばすだけが積極性ではない。どんな状況だろうと、自分本来の特性を最大限発揮できるペースを信じることこそが本当の強さなのだ。
加えて、日本人は技術があって、外国人は体力に勝っているなどというロジックは陳腐すぎる。生でみれば一目瞭然だが、テレビでみたって外国選手の卓越した滑りは感動ものだ。このトリノ大会では、日本人の技術的に優位なところなどどこにもない。とくに、日本の選手がコーナーを回るときの体の傾斜角が一定していないことが気になってならない。倒しては起し、また倒しては起こす。脚を交差するたびに、こんな動作を繰り返したのでは、どんなに体力があったって最後まで迫力ある滑りなんてできるはずがない。
読売新聞の三木氏の指摘するとおり、日本が世界記録をいくつか持っていた頃には、そんな動作では国内すら制することはできなかった。長い距離だって五輪5位の佐藤和弘、4位の白幡圭史が築いたペース配分やレースのスプリット形態があったはずだ。闇雲にあらたな研究wwwをすることより、ろくな奴らではないかもしれないが、先人の肩に乗ることを覚えたほうが道は早い。
スポンサーサイト
[ 2006/02/21 18:48 ] スピードスケート | TB(0) | CM(2)

日本人は過去、知恵(頭)を使ってメダルを
獲得して来たんだw
頭使わないと日本人にはメダルは無理だんべ~~
[ 2006/02/23 21:53 ] [ 編集 ]

はじめまして、月に数回ショートトラックの練習に参加し、冬には時々アウトのリンクに出かける草スケーターです。スケート技術についてまとまった書物が手に入らないことが手に入りにくいことが、容易に技術力の低下をひきおこしてはいないでしょうか?医学博士でスケーターの坂東浩先生の本と東北大学のspeed up managerくらいしか知りません(なぜか医学系ではスケートがはやってるのか?)宮部さん「スケート選手に与ふる書」をかいてください。野球、水泳、サッカーなどはハイレベルな技術解説書がたくさんありますが、ああいうのがほしいなあと思うのです。
[ 2006/02/26 16:32 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://eskate.blog4.fc2.com/tb.php/804-73d7b0fd







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。